地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

デンマークのKIMONOをつくろう!プロジェクト

イマジン・ワンワールド・キモノプロジェクト 情報

~アーカイブ~

2020年4月9日 日本経済新聞 全国版に掲載していただきました。

「モロッコ王国と日本のさらなる経済発展を応援しています」

モロッコ王国のKIMONOスポンサー

白鷹電気工業 様

【ネットショップ4月1日オープンします】

こんな時だから、少しでも気持ちが前向きになるものをお届けしたい。KIMONOの持つ力が、たくさんの人の心を明るくしてくれるに違いない。

そんな思いからイマジンワンワールド・オリジナルグッズのネット販売を始めさせていただくことになりました。

ーーー

実はこの桜の咲く時期、グローバルスポンサーである日本橋高島屋様で初の展示会をさせていただく予定でした。

そこでは、桜の開花に合わせて、主にお花を描いたKIMONOを展示し、展示するKIMONOをポストカードにしてお届けすることを考えていました。

また3年前のクラウドファンディングを実施した際、龍村美術織物様に特注した「2020」と「IMAGINE」の2つの文字を特別に織り込んでいただいていた生地を、2020年だからこそ改めて商品化して準備していました。

ーーー

ポストカードは、凸版印刷様に撮影協力いただいたKIMONO画像(今回は振袖のみ)を、グローバルスポンサーであるレイメイ藤井様の紙のプロフェショナルに最適な紙を選んでいただき印刷。紙の温かみが、一層幸せをもたらしてくれます。4枚1セット、8セットご用意しました。1セット800円です。

龍村IMAGINE2020グッズは、10種類。名刺入れや御朱印帳、古帛紗や数寄屋袋などのお茶道具もございます。

そのほか、エクアドルのKIMONOを応援する、エクアドル産チョコレートの販売も予定しています!!!

ネットショップは4月1日(水)10:00のオープン予定。
楽しみにしながら、週末をお過ごしください。

https://piow.base.shop

東京事務局 清水

11月23日(土)新潟県十日町市にて、「きものの祭典in十日町」が開催されました。
26か国の展示と20か国のキモノショーが行われ、きものの産地、十日町ならではの盛り上がりがありました。

キモノショーの第一部は民族衣装普及文化協会による平安装束の着装。
第二部は十日町の高校生と十日町市織物協同組合によるきものショー。

ステージ上は皆さんがきもの姿なのでとても圧巻でした。

第三部は、イマジンワンワールドキモノプロジェクトのショーです。デンマークも参加し、新潟の皆さんにご覧いただき、モデルさんからも「かわいいー!」の声が。

そして、地元で制作されたキモノの登場に会場内が大きな拍手に包まれました。

 

ラストは、みんなで手をつないで、「世界はきっと、ひとつになれる」のメッセージを届けました。

 

第4回 10/3付 「ぜひ見てもらいたいね」首相激賞

…記事より抜粋


■近づく夢舞台 海外から高評価

 「bravissimo(ブラビッシモ)(すばらしい!)」

 2015(平成27)年7月11日、イタリア・ミラノに歓声がこだました。

 ミラノ国際博覧会(ミラノ万博)の「日本ナショナルデー」だった。「東北復興祭りパレード」の先導役を5人の着物姿の女性が務めた。

 

…中略…

 

◆外交団長の推薦

 米国だけではない。各国から日本に派遣された外交官の「重鎮」も、プロジェクトを支援した。

 重鎮の名はマンリオ・カデロ(66)という。駐日サンマリノ大使で、「駐日外交団長」を平成23年から務める。

 

…中略…


 それだけではない。日本側のキーパーソンにも手紙を送った。

 「プロジェクトの平和と調和の精神は、(五輪の)開会式を通して世界に発信されることでしょう。プラカードを持つ女性に着ていただけたら素晴らしい。大会終了後はレガシーとして長く国際親善に活用される。日本の伝統文化を愛する私は、ボランティアとして相談に乗っている」

 あて先は組織委会長の森喜朗(82)、JOC会長の竹田恒和(71)、東京都知事の小池百合子(67)の3人だった。

 

…中略…

 

◆全力でやる

 令和元年8月29日、第7回アフリカ開発会議(TICAD7)の参加者を招いた夕食会が、横浜市で催された。

 夕食会終了後、アフリカ各国の着物を披露するショーが予定されていた。

 ショー実現には事務局の次長補、小林龍一郎(53)=現・外務省東京オリンピック・パラリンピック要人接遇事務局次長=が、大きな役割を果たした。

 

…中略…

 

ショーは盛り上がった。その晩、ホテルの部屋に戻った安倍は、妻の昭恵(57)にこう語った。

 「着物のショーはとてもよかったね。あれこそおもてなしの心だ。オリンピックやパラリンピックでも、ぜひ見てもらいたいよね」

 東京五輪の開会まで300日を切った。「着物産業の復興」。高倉と産地の夢が近づく。

  (敬称略)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

全文はweb版にてご覧いただけます

 

https://www.sankei.com/smp/region/news/191003/rgn1910030024-s1.html

産経新聞 九州山口版 プロジェクト誕生秘話掲載

 

第3回  9/26付「輪を描く100か国の着物」

記事より抜粋

…中略…

高倉は反論した。

 「お言葉ですが、それではだめなんです。日本の伝統的な着物の美しさを、余すことなく世界に伝えたい。それが私の思いです」

…中略…

式典では、九州の高校生らがモデルを務め、100カ国分の着物を1着ずつ披露した。最後には、100人のモデルが手をつなぎ、輪をつくった。

 東京五輪の舞台で、すべての国・地域の着物が輪になる。高倉の掲げた理想が、慶明はもちろん、ショーの観客全員の脳裏に浮かんだ。

 息子と同じ夢を、これだけ多くの人が見てくれる。何てすばらしいことだ-。

 慶明は、心の底から感動した。その目から一筋の涙が流れた。(敬称略)

 


全文はweb版にてご覧いただけます

 

https://www.sankei.com/smp/region/news/190926/rgn1909260027-s1.html

産経新聞 九州山口版 プロジェクト誕生秘話掲載

 

第2回 

9/19付「われこそは」職人魂に火が付く

記事より抜粋

…中略…

人間国宝級のベテランだろうが、新進気鋭の職人だろうが、支払う制作費は着物・帯あわせ一律200万円とする。

 過去の作品は関係なく、同じ土俵ででき映えを比べられる。「われこそは」と思う職人は、腕試しの機会と受け止めた。

…中略…

前例のない仕事は、軋轢(あつれき)を生む。ある職人は、当該国の大使とのやり取りに憤慨した。

 「工房に大使が来て、資料をカラーコピーしろとか、面倒くせぇ注文をするんだよ」

そんな職人も、完成品が大使から絶賛されると、態度は一変した。カメラマンに頼み、着物と収まった写真を手に、満面の笑みで岩間に話しかけた。「また、やりてぇ仕事だよ」

 高倉のKIMONOプロジェクトは、各地の職人の魂に火を灯していった。 (敬称略)

 


web版をご覧

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-00000024-san-l40

産経新聞  九州山口版にプロジェクトの誕生秘話を連載いただきました。


第1回  9/12付「愚痴ばかりの人生は嫌だ」

遡ること2013年パリ。まさに誕生の瞬間が語られています。


記事より抜粋

…中略…

ひらめいたのは、突然だった。


各国の着物を身にまとった人が、手をつないで輪を作る。世界に向け、平和と友好のメッセージを発信する-。大型連休中の平成26年5月4日、こんな情景が高倉の頭に浮かんだ。

 探し求めていた物語だった。ジョン・レノン流に言えば「イマジン、ワンワールド(想像してごらん、世界はきっと、ひとつになれる)」。高倉は今も昔もビートルズの大ファンだ。

 想像を実現するのは困難を伴う。少なく見積もっても、億単位の制作費がかかる。蝶屋だけで負担できるはずがないし、五輪で採用される見込みもない。

 だが、言い訳ばかりで何もせず、後になって愚痴をこぼし続けるだけの人生は嫌だった。

 日本、そして世界の人々の心を動かすプロジェクトが、産声を上げた。 (敬称略)

 


web版をご覧いただけます

https://www.google.com/amp/s/www.sankei.com/region/amp/190912/rgn1909120012-a.html

代表理事交代のお知らせ
2019年8月26日開催、理事会において代表理事の選任を行い、 手嶋信道が一般社団法人イマジンワンワールドの代表理事に就任いたしました。

以上 今後ともなお一層のご支援の程宜しくお願い申し上げます。

イマジン・ワンワールドKIMONOプロジェクトのHPリニューアル!


「イマジン・ワンワールド」
キモノプロジェクトのHPが新しくなりました。
他の国々と同様、デンマークもこちらからご覧いただけます。


http://piow.jp/
https://www.facebook.com/686918294690928/posts/1788920261157387/

 

スポーチ報知に見開きで掲載!2018年8月21日、スポーチ報知に見開きで大きくイマジン・ワンワールドKIMONOプロジェクトの活動が取り上げられました!

「世界を描いたKIMONO展」にデンマークのKIMONO出展

2018.7.16~7.21まで、東京新宿の文化学園大学にて、「世界を描いたKIMONO展」という展示がされています。

 

デンマークのKIMONOもしっかり仲間入りです。

近くでじっくり鑑賞できるレイアウトとなっております。また、スクリーンでの映像もご覧いただけますので、ぜひ一度足をお運び下さいませ。

都営新宿線の新宿駅を利用しましたが、地下通路を文化学園大学方面の表示に従って行くと、地上に出たらすぐでした。
あとはエレベーターで20階まで。

扉の向こうはイマジンの世界デス。

「イマジン・ワンワールドKIMONOプロジェクト 100ヶ国完成披露式典」

4月29日(日)
久留米シティプラザ グランドホール

 

2020年に向けて着々と進んできたKIMONOプロジェクト。とうとう100ヶ国が完成しました!

福岡県久留米市にて、九州全県から高校生を中心としたモデルさんを募集し、「九州を一つに!」というスローガンのもと100ヶ国のお披露目が行われました。

 

オリンピックの入場の最初の国「ギリシャ」を先頭に10人ずつのモデルさんが舞台に立ちました。
デンマークのKIMONOは3組目に登場。モデルは熊本県の高校生が勤めました。

どの国のKIMONOも本当に素晴らしく、最後100人並んだときは涙が出るほど感激しました。100人の中には地元のテレビのアナウンサーさんも3人参加しており、テレビでも大きく取り上げられました。

 

舞台から客席まで使って輪を作り手を繋いだ写真をご覧ください。
このプロジェクトの一番の目的「世界は一つ」をアピールする素敵な写真だと思います。

デンマークのKIMONOも、様々な方たちに好評を得ました。

今後もご支援のほどよろしくお願いいたします!

Team 茨木 ネパールのKIMONOと帯完成祝い

イマジン・ワンワールドKIMONOプロジェクトでは、たくさんの国のKIMONOたちがそれぞれの想いを込めたストーリーで展開されています。
私たちデンマークのKIMONOもその中の1つです。
現在もたくさんのKIMONO制作が進行中ですが、大阪の茨木市では「Team 茨木」として福井高校生と地元の手描き友禅師と共に、ネパールのKIMONOをデザイン制作しました。あしかけ2年半!ついに完成したネパールのKIMONOが4月5日から10日まで茨木市立市立ギャラリーにて展示されています。
ネパールだけではなく、アメリカ・韓国・マリ共和国のKIMONOと帯。そして、デンマークの帯も一緒に展示されています!

どの国のKIMONOも帯も、本当にいっぱい想いが詰まっているものです。大阪に行かれる方がいたらぜひご覧いただければと思います。

 

https://ibajal.com/event/20180408kimono/

↑ibaraki ジャーナルさんの記事。デンマークのことも紹介されています!

2017年制作発表会 ~イマジンワンワールド KIMONO PARTY~

 

11月23日(祝)日本橋三井ホールにて、毎年恒例の制作発表会が「KIMONO PARTY」という形で開催されました。

全国からたくさんの大使館関係者、制作者の方が集い、華やかなPARTYとなりました。
 
今回は、新作12カ国の誕生を会場にいる方たち全員でお祝いするというコンセプトで、ピアノ演奏、制作者の思いをまとめたドキュメンタリー映像、お食事、そして新作のKIMONOのショーを見る、という形でした。


来賓あいさつには、サンマリノ共和国の大使であり、在日大使館の外交団長であられるマンリオ・カデロ閣下がとても素敵なスピーチをされました。
その後、ポーランド人ピアニストのミハウ・ソブコヴィアク氏によるピアノ演奏。ミハウ氏は日本語で冗談が言えるほどの日本語力で、お話もとても素敵でした。

その後流された、制作現場を可能な限り巡り、制作者の声、プロジェクト関係者の声を集めたドキュメンタリー映像は、このプロジェクトの素晴らしさを余すことなく伝えていて、会場の気持ちを一つにしました。


そして、いよいよ今年に入ってから誕生したKIMONOのお披露目!

まず、オーストラリア連邦。
次に、ミクロネシア連邦
今年の夏に誕生したタイ王国。
最初に本国でお披露目がされたというスウェーデン王国。
そしてそして!
日本デンマーク外交150周年記念の今年生まれた、我らがデンマーク王国!
総絞りで2年近くの歳月をかけ制作されたマリ共和国。
今回初の木綿の振袖。キリバス共和国。
スイス連邦
イラン・イスラム共和国
アフガニスタン・イスラム共和国
シリア

どのお着物も本当に素敵で、それぞれの国の制作者の思いが詰まったものでした。


現在も40ヶ国ほど制作中とのことで、来年の春には100ヶ国を超える予定だそうです。ますます目が離せない「イマジン・ワンワールド KIMONOプロジェクト」!
デンマークのKIMONOともども応援よろしくお願いいたします!