地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

デンマークのKIMONOをつくろう!プロジェクト

イマジン・ワンワールド・キモノプロジェクト 情報

~アーカイブ~

イマジン・ワンワールドKIMONOプロジェクトのHPリニューアル!


「イマジン・ワンワールド」
キモノプロジェクトのHPが新しくなりました。
他の国々と同様、デンマークもこちらからご覧いただけます。


http://piow.jp/
https://www.facebook.com/686918294690928/posts/1788920261157387/

 

スポーチ報知に見開きで掲載!2018年8月21日、スポーチ報知に見開きで大きくイマジン・ワンワールドKIMONOプロジェクトの活動が取り上げられました!

「世界を描いたKIMONO展」にデンマークのKIMONO出展

2018.7.16~7.21まで、東京新宿の文化学園大学にて、「世界を描いたKIMONO展」という展示がされています。

 

デンマークのKIMONOもしっかり仲間入りです。

近くでじっくり鑑賞できるレイアウトとなっております。また、スクリーンでの映像もご覧いただけますので、ぜひ一度足をお運び下さいませ。

都営新宿線の新宿駅を利用しましたが、地下通路を文化学園大学方面の表示に従って行くと、地上に出たらすぐでした。
あとはエレベーターで20階まで。

扉の向こうはイマジンの世界デス。

「イマジン・ワンワールドKIMONOプロジェクト 100ヶ国完成披露式典」

4月29日(日)
久留米シティプラザ グランドホール

 

2020年に向けて着々と進んできたKIMONOプロジェクト。とうとう100ヶ国が完成しました!

福岡県久留米市にて、九州全県から高校生を中心としたモデルさんを募集し、「九州を一つに!」というスローガンのもと100ヶ国のお披露目が行われました。

 

オリンピックの入場の最初の国「ギリシャ」を先頭に10人ずつのモデルさんが舞台に立ちました。
デンマークのKIMONOは3組目に登場。モデルは熊本県の高校生が勤めました。

どの国のKIMONOも本当に素晴らしく、最後100人並んだときは涙が出るほど感激しました。100人の中には地元のテレビのアナウンサーさんも3人参加しており、テレビでも大きく取り上げられました。

 

舞台から客席まで使って輪を作り手を繋いだ写真をご覧ください。
このプロジェクトの一番の目的「世界は一つ」をアピールする素敵な写真だと思います。

デンマークのKIMONOも、様々な方たちに好評を得ました。

今後もご支援のほどよろしくお願いいたします!

Team 茨木 ネパールのKIMONOと帯完成祝い

イマジン・ワンワールドKIMONOプロジェクトでは、たくさんの国のKIMONOたちがそれぞれの想いを込めたストーリーで展開されています。
私たちデンマークのKIMONOもその中の1つです。
現在もたくさんのKIMONO制作が進行中ですが、大阪の茨木市では「Team 茨木」として福井高校生と地元の手描き友禅師と共に、ネパールのKIMONOをデザイン制作しました。あしかけ2年半!ついに完成したネパールのKIMONOが4月5日から10日まで茨木市立市立ギャラリーにて展示されています。
ネパールだけではなく、アメリカ・韓国・マリ共和国のKIMONOと帯。そして、デンマークの帯も一緒に展示されています!

どの国のKIMONOも帯も、本当にいっぱい想いが詰まっているものです。大阪に行かれる方がいたらぜひご覧いただければと思います。

 

https://ibajal.com/event/20180408kimono/

↑ibaraki ジャーナルさんの記事。デンマークのことも紹介されています!

2017年制作発表会 ~イマジンワンワールド KIMONO PARTY~

 

11月23日(祝)日本橋三井ホールにて、毎年恒例の制作発表会が「KIMONO PARTY」という形で開催されました。

全国からたくさんの大使館関係者、制作者の方が集い、華やかなPARTYとなりました。
 
今回は、新作12カ国の誕生を会場にいる方たち全員でお祝いするというコンセプトで、ピアノ演奏、制作者の思いをまとめたドキュメンタリー映像、お食事、そして新作のKIMONOのショーを見る、という形でした。


来賓あいさつには、サンマリノ共和国の大使であり、在日大使館の外交団長であられるマンリオ・カデロ閣下がとても素敵なスピーチをされました。
その後、ポーランド人ピアニストのミハウ・ソブコヴィアク氏によるピアノ演奏。ミハウ氏は日本語で冗談が言えるほどの日本語力で、お話もとても素敵でした。

その後流された、制作現場を可能な限り巡り、制作者の声、プロジェクト関係者の声を集めたドキュメンタリー映像は、このプロジェクトの素晴らしさを余すことなく伝えていて、会場の気持ちを一つにしました。


そして、いよいよ今年に入ってから誕生したKIMONOのお披露目!

まず、オーストラリア連邦。
次に、ミクロネシア連邦
今年の夏に誕生したタイ王国。
最初に本国でお披露目がされたというスウェーデン王国。
そしてそして!
日本デンマーク外交150周年記念の今年生まれた、我らがデンマーク王国!
総絞りで2年近くの歳月をかけ制作されたマリ共和国。
今回初の木綿の振袖。キリバス共和国。
スイス連邦
イラン・イスラム共和国
アフガニスタン・イスラム共和国
シリア

どのお着物も本当に素敵で、それぞれの国の制作者の思いが詰まったものでした。


現在も40ヶ国ほど制作中とのことで、来年の春には100ヶ国を超える予定だそうです。ますます目が離せない「イマジン・ワンワールド KIMONOプロジェクト」!
デンマークのKIMONOともども応援よろしくお願いいたします!