地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

ふなばしミュージックストリート

船橋の一大音楽イベント「ふなばしミュージックストリート」の情報をまるっとお届けします!

そもそもどんなイベントなのか、どんな楽しみ方ができるのか、その全貌をご紹介いたします。

 

開催日  平成29年10月22日(日)
開催会場

 船橋駅を中心とした屋内外16会場

●天沼弁天池公園

●船橋グランドホテル

●船橋駅北口おまつり広場

●東武百貨店4階屋上広場

●西武船橋店カーニバル広場

●きららホール

●フェイスビル連絡デッキ

●ネクスト船橋東エントランス

●バディーズ

●船橋スクエア21ビル前

●船橋市茶華道センター

●市民文化ホール

●ららぽーとTokyo-Bay

●ビビット南船橋

●ふなばし森のシティ

●ミュージックバス

開催時間  10:30~18:00
同日開催イベント

■実行委員会企画

・集まれ!船橋のミュージシャン

・弾き語りコンテスト

・茶道と和の調べ

・みんなで演奏ワークショップ

・Back Street Music

・はじめての楽器体験

・スタンプラリー

・グランドフィナーレ

 

■コラボ企画

・船橋ドドンパ・歌姫太郎コンテスト

・まちかど音楽ステージ in FMS

・国際交流企画

・ふなばし名店グルメ

・スマホDE映画祭

・若幸祭

公募出演者数 約100組

“ふなばしミュージックストリート”とは!?

出演者・実行委員・観客が垣根なくみんなで楽しみ、みんなで盛り上がり、みんなで作り上げるのがこのイベントです

“音楽のまち ふなばし”を掲げる船橋市で、まちを歩く人々に生の音楽を楽しんでもらえるように、という思いでスタートしたのが、このふなばしミュージックストリート(以下FMS)。
船橋駅を中心に、広場や店先、ライブハウスやホールといった複数の会場で約100組の出演者が演奏を披露します。ジャンルを問わず熱く繰り広げられるミュージシャンのパフォーマンスを楽しめるとあって、第1回は約8,500人、第2回は約13,000人、そして昨年第3回も10,000人以上が来場。


ミュージシャンの演奏はもちろん、出店や楽器体験など、大人から子供まで年齢問わず楽しめるこのイベント。例年グレードアップを続けるFMSですが、今年も音楽を通じて船橋のまちをよりいっそう盛り上げます!

船橋の市民力に触れられるような音楽イベントに

 

2017年は船橋市の市制80周年の年。

FMS実行委員としても「もっと船橋の市民力に触れてもらいたい」という思いから、今回はステージ演奏以外の特別企画にも力を入れています。

有名アーティストをたくさん呼ぶのではなく、"船橋"にフィーチャーし、船橋市民と一緒につくり、船橋市民と一緒にたのしむ1日にしたい。そんな想いを込めて実行委員一同準備を進めています。

 

そして第4回はFMSのアドバイザーとして、絢香・徳永英明・JUJUなどのサウンドプロデュースを手掛ける松浦晃久さんにもイベント全体を監修いただいています。松浦さんはFMSのテーマソング「皆が輪になって」をアレンジしていただいたことをきっかけに、FMSを好きになってくださったとのこと。今回は客観的にイベントや船橋をみたうえで、よりよいイベントにするためのアドバイスをしてくださっています。

 

▼松浦晃久さんからFMSに向けたメッセージ

プロのアーティストばかり集まると窮屈になることもある。

アマチュアがつくることでプロとは違うアイデアが生まれる。その自由さがFMSの武器。

市民と市民がハートでつながりあえるイベントになるのではないかと思っています。

ぜひ『音楽の地産地消』をFMSで実現してもらいたいです。

 

第4回の見どころをチェック!

実行委員長もおすすめの第4回ミュージックストリートの各種企画は下記ページからチェックしてみてください。

市民ボランティアが支える・つくる、市民によるイベント

FMSは市民がつくる、市民のための音楽イベントです。そんなイベントを一緒につくる仲間を募集しています!

少しでも興味のある方はぜひご応募ください。

 

ボランティア募集の詳細はこちら

 

この記事に関するキーワード