地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

おすすめ!船橋・習志野ラーメン倶楽部

難病克服の店主が作る計算尽くしの淡麗鶏醤油『とものもと』

とものもと【東中山】(醤油)

2015年3月に京成東中山駅の近くにオープンした、まだ新しいラーメン店が「とものもと」です。開店から味で評判を呼び、人気店の仲間入りは確実視されていたこのお店、実は一度2015年7月に休業しています。理由は店主が国指定の難病「成人発症スチル病(成人スティル病)」にかかってしまったため。念願叶って開店した店を一端閉め、入院生活に入ったのです。

それから、死に至ることもある病気との闘病を経て3ヶ月で退院。完治することはない病ではあるそうですが、食事制限や薬の服用で上手に付き合えば通常の生活が送れる状態にまで回復したそうです。そして準備を整え、満を持して2016年3月1日に再オープンとなりました。

休業前に出していたラーメンは、「ご近所の人が毎日食べても飽きない」をコンセプトに作り上げた、貝のダシをメインにしたあっさり醤油の中華そば。しかし、入院中にラーメンの研究をしたり、新しいラーメンを想像したりして、退院後に作り上げたのは「遠方から来た人が、遠くてもまた食べに来たくなるラーメン」という、鶏がメインで貝ダシがサポートする淡麗鶏ダシの醤油らーめんでした。

入院中の理想が高すぎて、まだまだ改良の余地があるというラーメンですが、当然高いレベルはクリアしている逸品です。今回は、病気のことやラーメンにかける思い、周囲に助けられた経験など、様々な角度からお話を頂いてきました。

すみずみまで自分の目が届くサイズのお店

カウンター席のみ
カウンター席のみ
簡素な外観
簡素な外観
駅近くでも畑が広がるのんびりとした京成東中山駅周辺。こぢんまりとしたお店のスペースは、「1人だけでも切り盛りできるサイズ」という店主の思いから。自分でちゃんとお客さんの顔を見て、ラーメンを運んで、というスタイルがピッタリなのです。

店名は、元々は店主の名前からとったものですが、闘病中に多くの人に助けられたことに感謝する気持ちから、店名の頭につく“とも”は、今では手をさしのべてくれた周囲の人みんなのことを意味する“友”になったそうです。

次のページでは「香り高く繊細で淡麗な計算されたラーメン」についてご紹介!

PICK UP 船橋のお店 ~グルメ~

  • インドカレー サーラ

    インドカレー サーラ

    船橋市宮本1-17-10

    [ カレー/珈琲 ]
    何度でも食べたくなる♪ 大神宮下にある昔ながらのカレー屋さん。

  • じゃじゃ牛

    じゃじゃ牛

    船橋市本中山7-11-14 1階

    [ 焼肉 ホルモン ]
    お肉のパラダイスと言えばここ! 肉祭りの始まりだー♪

  • ぐらんあるぶる

    ぐらんあるぶる

    船橋市本町7-4-23 矢作ビル2階

    [ 肉料理 ワイン 日本酒 ]
    船橋でワインと日本酒が楽しめる洋食屋。肉料理が絶品です。

  • Cue's Cafe(キューズカフェ)

    Cue's Cafe(キューズカフェ)

    船橋市葛飾町2-336-1

    [ カフェ ]
    ゆっくりとした時間をお過ごしください。

  • COCCIO(コッチョ)

    COCCIO(コッチョ)

    船橋市本町4-4-4 2階

    [ BBQバル・カレー・カフェバー ]
    生ラム肉にこだわった子羊料理と熟成スパイスカレーの店

  • ジィーヴァキッチン

    ジィーヴァキッチン

    船橋市本町4-31-20 エクセルビル2 101

    [ 家庭料理・ごはん屋 ]
    ひとりご飯も大歓迎! 本格家庭料理でおもてなしするごはん屋です