地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

GO!GO! 千葉ジェッツ

「バスケ選手として、人として、成長できた」一色翔太選

3ポイントシュートの「ショ~タ~イム!」が代名詞

2015/05/31

千葉県初のプロバスケットボールチーム「千葉ジェッツ」の情報をお届けします。
本日5月31日をもって千葉ジェッツを退団することになった佐藤博紀選手、一色翔太選手、田中健介選手、加納誠也選手に、5月26日の「千葉ジェッツ 2014-2015シーズン感謝祭」でお話を伺ってきました。
まずは、一色翔太選手です。
「プロ選手として始まった4年間だし、千葉ジェッツができてからの4年間だったので、チームといっしょに、自分も成長できたかなと思います。
4年間、バスケットボール選手としても、人としても、本当に成長できてうれしく思います。千葉ジェッツに来てよかったです。
離れるのはすごく淋しいですけど、ステップアップだと思って頑張ります。これ以上の4年間を過ごすようにやらないと意味がないので、がんばります!」

最初にお話をうかがったのはいつだったかなぁと遡ってみますと、翔太選手がプロ初シュートを決めた日でした。
小学校での授業では、佐藤博紀選手のアリウープからダンクシュートも見せてくれました。

一番印象に残っているのは、みなさんへのクリスマスプレゼントとして「土日とも10得点しますよ」と宣言し、本当に両日11得点したことです。
3ポイントシュートを入れたときに体育館に響く「ショウタ~イム!」が心地よかったこと!

3×3.EXE参戦やつくばロボッツへのレンタル移籍と、この1年は環境がガラッと変わったと思います。
が、試合に出ている一色選手が見られるのは、何よりも幸せなこと。みなさんと一緒に応援しつづけたいと思います。

そして、またすぐに、3×3.EXEでお話を伺いますので、楽しみにしていてください。

こちらもどうぞご覧ください。
「ジェッツが強くなるために色々考えた4年間」佐藤博紀選手
「4シーズンの応援に、感謝の気持ちしかない」田中健介選手
「本当に千葉ジェッツに来てよかった!」加納誠也選手

PICK UP 船橋のお店 ~グルメ~

人気のキーワード