地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

ふなばし人脈駅伝

柿沼英明さん インタビュー

極真空手を通して子どもたちに徳育を!

2014/09/18

柿沼 英明(かきぬま ひであき)さん

 出身地:千葉県 流山市
 船橋の好きなところ:若い世代の経営者が頑張っているところ

 国際空手道連盟 極真会館 千葉県北支部 支部長
 事務局所在地:船橋市本町6
-3-20 ベルヴィル2F
 
http://www.e-kyokushin.com/

「ふなばし人脈駅伝」第9回! 

思わず写真と同じポーズ。<br>どう見ても空手とは関係なさそうですが、その秘密は後ほど!
思わず写真と同じポーズ。
どう見ても空手とは関係なさそうですが、その秘密は後ほど!
みなさんお待たせしました!
「ふなばし人脈駅伝」第9回です!

今回取材させていただいたのは、
国際空手道連盟 極真会館 千葉県北支部 支部長 柿沼英明さん
です!

現役時代には極真空手の大会で全国チャンピオンになった実績もある柿沼さん。
種村さんのご紹介では「見るからに強い人」とのことですが、いったいどんな方なんでしょうか?

ところで実は木村も小学生時代に空手を習っていたんです。
他流の空手を習っていた木村からすると、極真といえばなんとなく激しいイメージがあります。
念の為にプロテクターなんかを装備していったほうがいいでしょうか……。

多少の怖さも抱えながら、お話を伺ってみたいと思います!
それでは柿沼さん、よろしくお願いします!押忍!

「極真空手」への憧れ

こちらが千葉県北支部のHP。<br>柿沼さんをモデルにしたキャラクター、カッキーマンがかわいらしいです。
こちらが千葉県北支部のHP。
柿沼さんをモデルにしたキャラクター、カッキーマンがかわいらしいです。
―まずは道場設立の経緯を教えて下さい!
1995年に私が極真会館 千葉県北支部の支部長に就任し、西船橋に本部道場を開きました。
現在では10ヶ所以上の道場を開いていますが、私自身は主に船橋KIDS道場で子どもたちの指導にあたっています。
私が極真空手の選手として現役だったのは大学生のときまでで、その後は就職してそれまでほど頻繁には道場に顔を出せないようになってしまいました。
ただ、同じ道場で学んでいた
松井章圭さんが極真会館の2代目館長に就任した際にお声がけいただいて、私が千葉県北支部を任されたんです。

―極真空手を始めたきっかけってどんなものなんですか?
私が極真空手を始めたのは高校1年生のときなんですが、その時はちょうど「空手バカ一代」という極真空手の漫画が連載されていたころで、それに対する憧れというのが大きかったですね。
だから空手ではなく、「極真空手」を習いたいと思っていたんです。
また兄が格闘技好きで、よくテレビなどで見ているのを横から眺めたりしていたことも影響していたと思います。
そんな兄は観戦専門だったんですけどね(笑)


加圧ブームの余波が道場にも

スタジオでトレーニング体験をさせてもらいました!<br>これで木村もパーフェクトボディに一歩近づきましたね。
スタジオでトレーニング体験をさせてもらいました!
これで木村もパーフェクトボディに一歩近づきましたね。
―道場以外の経営もされているとか……?
ええ、2007年からは「加圧トレーニングスタジオ プレシャス」も経営しています。
加圧トレーニングは、2007年ごろにボディメイクのために利用され始めたことがきっかけとなって女性の間でブームになっていたんですが、それ以前からアスリートの間では筋力アップや怪我の治療によく使われていたんです。
私が加圧トレーニングに出会ったのは当時指導していた選手が怪我をしたときで、その際知り合いに加圧トレーニングを勧められたんです。
実際に選手にやらせてみたら、
試合にも出られるようになるくらいすっかりよくなったんですよね。
その後加圧インストラクターの資格を取って自分でも実践してみたんですが、1年半で20キロくらい痩せましたね(笑)
それで確かに加圧って効果があるんだなと実感しました。

―プレシャスを設立した経緯をお聞かせください!
資格を取得したとき加圧トレーニングのオフィシャルサイトなどに名前が載ったんですが、当時のブームの影響で女性からたくさんの問い合わせが来たんですよね。
空手道場で受け入れるのもちょっとどうかな……と思ったので、きちんとスタジオを設立をしようと考えたんです。
ただ、加圧トレーニングってダイエットやボディメイクだけでなく、怪我の治療や体のケアにも大きな効果が見込めるので、今後は年配の方も含め、地域の方々の美容や健康に総合的に貢献していきたいですね。