地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

ふなばし人脈駅伝

皆川義昭さん インタビュー

笑顔あふれる、日本一住みやすいまちを目指して!

2014/12/26

皆川 義昭(みながわ よしあき)さん

 出身地:千葉県 市川市
 船橋の好きなところ:個人の力が強く、味のある商店街も残っているところ

 株式会社ベストランド 代表取締役
 会社所在地:船橋市芝山2-2-1 ルミエール飯山満101
 
http://www.bestland.co.jp/

「ふなばし人脈駅伝」第17回! 

黄色に染まったよく目立つ外観が特徴です。<br>芝山での住宅仲介ならお任せですね。
黄色に染まったよく目立つ外観が特徴です。
芝山での住宅仲介ならお任せですね。
今回も芝山からお届けします「ふなばし人脈駅伝」。
今回で17回目を迎えました!

お伺いしたのは、
株式会社ベストランド 代表取締役 皆川義昭さん
です!

センチュリー21に加盟している不動産屋さんで、前回の兎澤さんからは「職人の経験もある方で、働くこととは、幸せとは何かということまで考えていらっしゃる。いろんな刺激を与えてくれますね」とのコメントをいただいています。

不動産といえば第11回でご登場いただいた鈴木さんも同業種ですね。
とはいえさまざまな違いがあるのでしょうし、どんなお話が伺えるのか楽しみです!

それでは皆川さん、よろしくお願いします!

家族みんなが喜べる家を目指して

取材では、普段契約のために使用する部屋をお借りしました。<br>高級感のある内装におののく木村でした。
取材では、普段契約のために使用する部屋をお借りしました。
高級感のある内装におののく木村でした。
――皆川さんはどんなお仕事をされてるんでしょうか?
ここ芝山に店舗を構えて、住宅の仲介を中心とした不動産業を営んでいます。
特に多く扱っているのは新築の一戸建てで、エリアは芝山を入り口に、東葉高速線沿線や新京成線沿線がメインとなります。
船橋市は千葉県内でも特に人気の高い地域で、県内一住みやすいまちだと言われてるんですよね。
自然も豊かで商業地域もあって交通の便も良く、住むのにちょうどいいまちなんです。
遠く離れた地域から船橋に引っ越してくる方もたくさんいらっしゃいますが、そういう方々ほど「船橋って住みやすくて良いまちだね!」っておっしゃいますね。

――なぜ今のお仕事を選ばれたんですか?
以前には建築の仕事に就いていたんです。仲介ではなく住宅や店舗を建てる側で、職人の世界ですね。
もともとものづくりや建築物が好きで、特に人が喜べる空間づくりに興味がありました。
それで当時、一般住宅以外にも、ミニハウスという庭などに建てる離れのようなものを作っていたんです。
これはもう小さいとはいえ一つの家ですから、外装だけでなく内装から電気系統の配線まで全部をこなさなくちゃならないんです。
だから自然といろいろなことを覚えていって、住宅やミニハウスだけでなく、だんだんと店舗に関するお仕事が増えていきました。
もちろん店舗づくりも面白かったんですが、私にとっての「人が喜べる空間」の原点はやっぱり住宅、家だったんですね。
「家族みんなが喜べる家を、ソフトの部分まで一緒に考えたい」それが、私が本当にやりたかったことだと気づいたんです。
それで不動産仲介業への転身を決意して、八千代市で不動産会社に勤務した後に現在の会社を起業しました。

お客様はどうやったら幸せになれるのか?

店内にはお子様が遊べるスペースも。<br>子どもたちはここで十分幸せになれそうな気もしちゃいます。
店内にはお子様が遊べるスペースも。
子どもたちはここで十分幸せになれそうな気もしちゃいます。
――家をご紹介するにあたって、大事にしていることはどんなことですか?
職人としての経験がありますから、
住宅に関するお客様からの、「ここをもうちょっとこうしたい」「あそこがああだったら……」といった要望にはできるだけ業者さんに任せずに自分で対応するようにしています。
塀を直したり、ウッドデッキを作ったりといった具合ですね。
もちろん大きな手間がかかるようなものは職人時代の仲間に頼んでやってもらうんですけどね。
若手の営業マンを連れてそういった施工の手伝いをしてもらうこともあるんですが、未経験の社員も結構楽しそうにやってますね(笑)

もう一つは、ただ単に家というハードを売るだけではなく「お客様の幸せのお手伝い」を心がけています。
誰もが幸せになりたいと考えていると思うのですが、その具体的な方法まではなかなかわからなかったりしますよね。
人は何かを考えるとき、自分の生きてきた人生の範囲でしか発想が生まれないことが多いと思います。
不動産業としてたくさんの人に関わってきたからこそ、その経験からサポートやアドバイスをすることができる立場にあると考えています。
お客様がどんな家に住み、どんな暮らしを送ることでより幸せに近づくことができるか。
そのイメージをお客様と一緒に考え、家をご紹介することをきっかけにして幸せのお手伝いをすることが私の使命ですね。