地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

こまつなう公式サイト 小松菜料理食べ歩きイベント

船橋市の広報番組にチームうぐいすが登場!

「ふなばしCITYNEWS」 J:COM船橋・習志野で放送予定

船橋市が制作している広報番組「ふなばしCITY NEWS」。
市の政策やイベントなどを紹介している同番組で、西船橋葉物共販組合の取り組みが特集されることになりました。

番組内では、こまつなう2015の告知もされる模様!
早速、撮影現場に潜入してきました。

京成西船「中華春日」にて撮影が行われました

お店の前に撮影クルーが到着しました!
お店の前に撮影クルーが到着しました!
こまつなうの醍醐味は、地元西船橋の小松菜生産者が地元の飲食店にとれたての小松菜を届け、それぞれの店の料理人が工夫を凝らして料理にするところ。今回の撮影では、チームうぐいすのメンバーが収穫したばかりの小松菜をお店に運び、それがお店で調理され、料理人の想いが詰まった料理となる一連の流れを追いました。

チームうぐいすが小松菜を届けます

中華春日には、4人の小松菜農家が交代で小松菜を搬入しているそうです。「料理しながら、生産者一人ひとりの顔が浮かぶんだ」と春日のマスターは語ります。彼らの先々代の農家からお付き合いがあるというマスターは、チームうぐいすのメンバーたちを孫のように可愛がっているとか。
「小松菜もってきたよ!」
「小松菜もってきたよ!」
「おう、いつもありがとな~」
「おう、いつもありがとな~」

西船橋産の小松菜を使った自慢のメニューです

こまつなうでは、西船橋・船橋エリアの各飲食店が、開催日に合わせて限定の小松菜メニューを提供してくれます。ですが、もちろん普段から西船橋産小松菜を使った料理が食べられるお店もたくさんあります。中華春日では、レギュラーの小松菜メニューが2品ありますが、こまつなうの時にはさらに6品に増えるそう。
撮影で取り上げられた、中華春日の看板メニュー「小松菜焼飯」。小松菜の茎の歯ごたえと彩りがポイントです。
撮影で取り上げられた、中華春日の看板メニュー「小松菜焼飯」。小松菜の茎の歯ごたえと彩りがポイントです。
思わず笑みがこぼれる、こまつなう実行委員長の平野雅士さん
思わず笑みがこぼれる、こまつなう実行委員長の平野雅士さん
自ら食レポをしてくれたひらの農園の平野徹さん
自ら食レポをしてくれたひらの農園の平野徹さん
小松菜とカニのあんかけもオススメの一品です
小松菜とカニのあんかけもオススメの一品です
料理の撮影にも熱が入ります
料理の撮影にも熱が入ります

若手小松菜農家を応援する地域の飲食店

こまつなうは2012年にスタートし、今年で4回目。はじまった当初は西船橋の24飲食店の協力のもと、開催していましたが、次第に数も増え、現在では西船橋・船橋エリアにある50軒以上のお店がこまつなうに参加してくれています。「こういったかたちで若い人と関われるのがうれしい。どんどん西船のまちを盛り上げて欲しい」と熱く語るマスターでした。

この模様はJ:COM船橋・習志野(地デジ11チャンネル)で放送されました!!

毎日小松菜を食べているという健康自慢のマスター。
毎日小松菜を食べているという健康自慢のマスター。
●放送日
5月16日~22日の毎日

●放映時間
12:00~12:15
20:00~20:15の2回
(15分番組のうちの6分程度の予定)

●放送局
J:COM船橋習志野(地デジ11ch)


番組の動画はこちら


人気のキーワード