地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

船橋今昔物語

昭和初期の京成西船駅(葛飾駅)前

まいぷれ編集部もあししげく通うシフォンケーキのシュガーママさんの近く、京成西船駅周辺の白黒写真です。鎌倉屋さんは「鎌倉屋足袋店」という看板を出していますね。
開業当初は「葛飾駅」でしたが、昭和62年(1987年)に「京成西船駅」に名前が改められました。さて、この写真はいつ撮影されたものだと思いますか?
昭和初期の葛飾駅(提供:田島源氏)
昭和初期の葛飾駅(提供:田島源氏)
平成27年(2015年)7月に撮影した京成西船駅前
平成27年(2015年)7月に撮影した京成西船駅前
この写真の撮影年代を推測するポイントは右下の「選挙粛正」という白い張り紙下部の「葛飾町」にありそうです。
白い張り紙部分の拡大
白い張り紙部分の拡大
東葛飾郡東葛村葛飾町となったのは、昭和6年(1931年)の町制施行以後。
そして昭和12年(1937年)には、東葛町は船橋町・八栄村・塚田村・法典村と合併し、船橋市が発足します。

このことから、葛飾町が存在していたこの写真が撮影されたのは昭和6年(1931年)昭和12年(1937年)前後ではないかと推測されます。

ちなみにこちらのお写真は、カメラが趣味の地元の方が当時「ガラス乾板」で撮影した貴重なもの。今ではスマートフォンやデジタルカメラで簡単に写真が取れますが、明治から昭和前半にかけては、約1ミリの厚さのガラスで出来た原板を、ネガとして使っていたそうですよ。

PICK UP 船橋のお店 ~グルメ~