地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

船橋今昔物語

昭和62年の大神宮下駅

大きく湾曲したホームが特徴的。昔の子供も電車に夢中です。

大きく湾曲したホームが特徴的な大神宮下駅。カーブにある特性上停車した電車は若干傾いており、乗るのがちょっと怖い方もいらっしゃるのではないでしょうか。
2004年からの高架化によってリニューアルにより、かつての駅とは姿を変えてしまった大神宮下駅。もちろん走る電車の型も時代を経るごとに新しくなっていきます。ただ、今も同じ角度でホームに入ってくる電車の姿には昔の名残を感じることができますね。
昭和62(1987年)に撮影された大神宮下駅のホームの様子 提供:川守銀太郎氏
昭和62(1987年)に撮影された大神宮下駅のホームの様子 提供:川守銀太郎氏
平成27年(2015年)7月に撮影した大神宮下駅のホームの様子
平成27年(2015年)7月に撮影した大神宮下駅のホームの様子