地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

船橋今昔物語

1986~2015年の船橋漁港から見える景色の変遷

船橋ららぽーとショッピングセンターがららぽーとTOKYO‐BAYになるまで

1981年、船橋ヘルスセンターの広大な跡地に、船橋ららぽーとショッピングセンターが誕生しました。敷地内には百貨店とスーパーを有し、数百もの専門店外が軒を連ね、多くの人たちでにぎわいました。西側の建物の上階には、食事をしながら360度のパノラマビューが楽しめる回転式レストランがあり、ららぽーとのシンボルのような存在でした。

その後、南船橋駅の開業を経て、1993年にはららぽーとスキードームSSAWS(ザウス)が開業。1年中スキーが楽しめる世界最大規模の屋内人工スキー場として、注目を集めました。しかし2000年以降、百貨店とスーパーの相次ぐ経営破たんやザウスの閉館、解体工事など、さまざまな変遷を乗り越え、ららぽーとTOKYO‐BAYとして生まれ変わりました。
昭和61(1986年)の船橋漁港の景色 撮影:近藤典子氏 
昭和61(1986年)の船橋漁港の景色 撮影:近藤典子氏 
平成13年(2001年)の船橋漁港の景色 撮影:近藤典子氏
平成13年(2001年)の船橋漁港の景色 撮影:近藤典子氏
平成27年(2015年)に撮影した船橋漁港の景色
平成27年(2015年)に撮影した船橋漁港の景色

人気のキーワード