地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

船橋今昔物語

高架工事前の京成船橋駅

消滅した開かずの踏み切り

現在、JR線と京成本線をつなぐ船橋FACEビル内の連絡通路は、毎日多くの人が行き交っています。しかし、京成線が高架化され立体交差になる前、京成船橋駅前の踏み切りは電車が通過する度に閉まってしまうので、通行できる時間が非常に短く「開かずの踏み切り」として知られていました。そのため渋滞を招いたり、踏み切りを越えてむりやり渡ろうとする人が続出するなど大きな問題となっていました。その解消のため、海神駅~船橋競馬場駅間の高架化工事が行われ、平成18年(2006年)に人や車の流れを遮っていた踏み切りはすべてなくなりました。
平成12年(2000年)に撮影された京成船橋駅の踏み切りの様子 撮影:近藤典子氏<br>※掲載情報に不備がありましたので、2015/9/7に加筆・修正致しました。
平成12年(2000年)に撮影された京成船橋駅の踏み切りの様子 撮影:近藤典子氏
※掲載情報に不備がありましたので、2015/9/7に加筆・修正致しました。
平成27年(2015)年に撮影した京成船橋駅の様子
平成27年(2015)年に撮影した京成船橋駅の様子
踏み切りが開くのを待つ多くの人たち 撮影:近藤典子氏
踏み切りが開くのを待つ多くの人たち 撮影:近藤典子氏

人気のキーワード