地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

船橋今昔物語

昭和60年代のJR船橋駅南口

海産物を売る露天商の女性たち

駅前周辺の開発や京成船橋駅の高架化など、船橋駅前南口の景色も大きく変わりましたね。ご存知の方も多いとは思いますが、船橋駅南口から船橋漁港は歩いて30分弱。かつて南口の通りでは至るところに、あさりやはまぐり、バカ貝、かれいなどを路上で販売する“おばちゃん”がいました。彼女たちの多くは、船橋で働く漁師さんの奥さんでした。朝夫が海から採ってきた海産物をまちに売りに来ていたんですね。船橋の「海のまち」としての貴重な風景でした。
昭和61(1986年)に撮影された船橋駅南口のロータリー 撮影:近藤典子氏
昭和61(1986年)に撮影された船橋駅南口のロータリー 撮影:近藤典子氏
平成27年(2015年)に撮影された船橋駅南口<br>かつてロータリーだったところは、交番になっています。
平成27年(2015年)に撮影された船橋駅南口
かつてロータリーだったところは、交番になっています。
駅前の大通りで海産物を販売する女性たち 撮影:近藤典子氏
駅前の大通りで海産物を販売する女性たち 撮影:近藤典子氏
まちのいたるところに露店がありました。 撮影:近藤典子氏
まちのいたるところに露店がありました。 撮影:近藤典子氏

人気のキーワード