地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

美容師集団 ワンステップの活動

子どもたちを笑顔に。~ワンステップの取り組みを取材してきました~

美容師交流会から生まれた“何か私たちが出来ること”

OneStep(美容師交流会・美容師ボランティア団体)とは?
美容を通じて社会貢献を志すボランティア団体。
美容師交流会から何か私たちが出来ることは何なのか…。と話し合い生まれたそうです。
児童養護施設などでボランティアカットをしていて口コミで活動の輪を広げています。
今回はそんなワンステップが船橋の児童養護施設、恩寵園で活動すると聞きつけ取材してきました。

恩寵園(おんちょうえん)

現在は70名ほどの子どもたちが生活している児童養護施設です。
施設に来る理由は様々ありますが、虐待によるケースが8割を越えています。
関係機関と連帯しながら、家族が安心して暮らせることを目指して日々支援しています。
それでも、家族のもとに帰れるケースは年に1~2件という状況です。
思春期に入れば、親をどう受け止めてよいかわからなくなり、悩んだり、苦しんだりする子もいます。そんな揺れ動きをしながら18歳までは園で過ごし、社会に出ていく子も少なくありません。

ワンステップ(OneStep)と子どもたちの絆。

小さな子どももすっかり懐いている様子。<br>女の子は何歳だっておしゃれが大好きなんですね。
小さな子どももすっかり懐いている様子。
女の子は何歳だっておしゃれが大好きなんですね。
ワンステップ(One Step)はボランティア活動を通して、髪を切るだけではなく、子どもたちとコミュニケーションを沢山とっているのがとても印象的
(子どもたちと一緒にボードゲームやっていて楽しそう!!)

ワンステップさんに関わってもらうことで、自分たちを見守ってくれている、応援してくれていると感じてくれたら嬉しいと恩寵園の職員の方は話しをしていました。

子どもたちは人懐っこくて急に飛びついてしまうこともしばしば。
「初めましての人に飛びついたらびっくりしちゃうからダメだよ」と話をすることもあるそうです。(笑)

本当にみんな無邪気で可愛かったです。

子どもは理解しているということを大人が理解してあげること。

以前はみんな部活もバイトもせずに園にこもっていたけれど、最近の子どもは部活も頑張ってるしバイトをやっている子もいると恩寵園の方が最近の変化を話してくれました。
(6時くらいになると中学生がぞろぞろ帰ってきた)

子どもたちはきっと自分の状況をわかって元気に生活している。
ボランティアで来てくれて有り難いことも理解している。

それも全て大人は理解し子どもたちにしっかり社会を教えていかなければならない。
人の支えがあっての子どもたちは成長できるということを恩寵園・OneStepの皆様は私たちに教えてくれました。

続々と帰宅する子どもたち。<br>男の子はサッパリかっこよくなっていました!
続々と帰宅する子どもたち。
男の子はサッパリかっこよくなっていました!
今回は二胡の生演奏もあり素敵でした!
今回は二胡の生演奏もあり素敵でした!

漠然とした不安を目の当たりにした美容師さんたちが渡したもの。

ワンステップの美容師さんがある時、高校生に「何が不安?」って聞きました。

1人になるのが不安」と答えたそうです。
いつも70人で過ごしていて、家族が70人いる現状から18歳になったら出ていかないといけない。頼りにする人がいなくなる。(親もいない、誰を頼ればいいかわからない)

子どもたちに名刺を渡す理由

そんな漠然とした不安を目の当たりにし、それを聞いて美容師さんは子どもたちに名刺を渡すようになったそうです。いつでも名刺を持たせるようにして、「子どもたちが独り立ちして不安になった時や寂しい時、名刺を見てふらっと寄り道できる、お話しできる」そんな風になりたいと語って下さりました。
70人いればドライヤーも70倍使うので、市販のではすぐに消耗してしまいます。その為ドライヤー等、物品の寄付も行っています。これは美容師だけではなく、歯医者さんは歯ブラシを寄付してくれることもあるんですよ。継続は力なり、という言葉がありますが「継続はチカラになり、カタチになる」という言葉を信じ、現在2年間続けています。

この活動をしている美容師がいることがもっと伝わり、参加者がもっと増えますように。

社会貢献で何か出来ないかと美容師交流会のメンバーに声をかけた代表の丸井さん。誰よりも子どもたちに人気でした!
社会貢献で何か出来ないかと美容師交流会のメンバーに声をかけた代表の丸井さん。誰よりも子どもたちに人気でした!
現在、美容室40か所に募金箱を設置したり、Tシャツやトートバックを作り、地域のフリーマケットなどで販売したりと、少しでも子どもたちのために募金が有効に使われるような活動をしています。
(デザインは子供たちが描いたイラスト。可愛い!!)

2017年NPOになる予定だそうで、
「ボランティアが船橋からどんどん広まっていってほしい。きっと今やっていることは子どもたちの記憶に残ると信じている。将来良い思い出としてふとした時に思い出してもらえれば十分。
「きっと、人の優しさや親切な心はわかっている。だから子どもたちが大人になったとき、また他の子どもに、繋いでいってほしい。少しでも、施設に入る子どもたちが減ってほしいから。」 と語ってくれたワンステップ代表の熱い眼差しがとても印象的でした。
このような活動をしていることをとにかく発信して、船橋だけではなく各地でも、ボランティアに参加してもらえる人や団体がどんどん増えていきますように、と思う取材でした。

代表 丸井さんから一言
皆様から頂いた募金やコラボレーショングッズ販売での募金で千葉県内に在る20箇所の児童養護施設にドライヤーを寄付したり、熊本県の益城町に在る児童養護施設に募金をしたり、皆様からの「チカラ」を「カタチ」にしていく活動を継続させていきます。

取材のご協力ありがとうございました。<br>★OneStep会員募集中★
取材のご協力ありがとうございました。
★OneStep会員募集中★
  • 子どもたちを笑顔に。~ワンステップの取り組みを取材してきました~

    子どもたちを笑顔に。~ワンステップの取り組みを取材してきました~

    美容師交流会から生まれた“何か私たちが出来ること”

人気のキーワード