地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

まいぷれ的 柏レイソル部

酒井宏樹選手がドイツへ!

ドイツ・ブンデスリーガのハノーファー96への移籍会見

ドイツのハノーファー96への移籍が決まった酒井宏樹選手。淋しい気持ちがいっぱいのまま、移籍会見に行ってきました。 そして、心から応援したい!と思いました。今回は、会見の様子を、入団当時の様子を交えてお届けします。

日立台を目指してボールを蹴ってきた

「子どもの頃から、このスタジアムを目指してボールを蹴っていた」

ドイツ・ブンデスリーガのハノーファー96への移籍が決まった酒井宏樹選手(22)は、日立台でのラストマッチを前に語りました。
小学生の頃にクラブチーム(柏マイティー)に所属、中学にあがって12歳で柏レイソルの下部組織に入り、現在に至るまで黄色いユニフォームを着て育ちました。いわゆる生え抜きの選手です。

それだけに、今回の移籍は「酒井にとっても、レイソルにとっても、とても意義のあること」と、強化部統括ダイレクターの小見幸隆氏は言います。

酒井選手の年代は「黄金世代」と言われ、ユース時代から世界大会に遠征する機会に恵まれました。そんな環境もあってか、「ユースの時から海外のビデオは見ていたし、機会があれば行きたいという気持ちはずっと前からあった」と言います。
小見幸隆強化部統括ダイレクター(左)と<br>酒井宏樹選手(右)
小見幸隆強化部統括ダイレクター(左)と
酒井宏樹選手(右)
2012年6月20日、酒井選手のハノーファー移籍会見には、約50名の報道陣が詰めかけ、カンファレンスルームは熱気であふれていました。レイソルの酒井から、オリンピック代表候補の酒井、そして日本代表の酒井まで上り詰めたのだから、注目が集まるのは無理もありません。

「移籍にあたり、快く許可をして話を進めてくれたチームや監督、去年からのオファーを一緒に悩んでくれた代理人、相談に乗ってくれた選手、そういうみなさんのおかげでこの移籍が成立し、感謝しています。レイソルから旅立っていった選手として、新しいチームで活躍することが恩返しだと思っています」と、落ち着いた口調で話す酒井選手を見て、ふと入団当時のことを思い出しました。

近くて遠かった日立台のピッチ

2009年新体制発表会にて
2009年新体制発表会にて
2009年は、レイソルアカデミー(下部組織)からクラブ史上最大となる6名がトップチームに昇格しました。他にも、スペインに渡った指宿洋史選手や他のJリーグクラブに加入した選手もいた世代です。酒井選手は高校3年でトップチームに2種登録、この年、当然のようにトップチームに正式加入しました。

「新体制発表会」の会見室では、同期で固まって緊張した面持ち。「緊張しています。でもサポーターの皆さんが応援してくれてありがたいです」と、小さな声で初々しく答えてくれたのを覚えています。
「自分は守備の選手なんですけど、攻撃が得意なので、攻撃を見てください」。柏市市民文化会館大ホールの壇上で、そのときサポーターに向けたこの言葉を、2年後の2011年シーズンに目の当たりにするとは…。
2010年キックオフパーティーにて
2010年キックオフパーティーにて
すべてが順風満帆だったわけではありません。
2009年にブラジルへの短期留学をするも、この年の公式戦出場はゼロ、それどころかベンチにさえ入れません。
以前取材した中で、「酒井選手のお兄さんと同級生だから、ユースの頃からずっと応援しています。1日も早く試合に出て欲しいですね。そして初試合の日は、ボクがボールボーイを担当したいんです」と教えてくれたボランティアスタッフさんがいました。そのくらい、日立台のピッチに立つことがまだ遠かった年でした。

2010年、プレシーズンマッチ「ちばぎんカップ」に、酒井選手は先発出場し、プロとして公式戦のデビューを果たしました。フクダ電子アリーナのスタンドから見ても、「緊張している…」と感じたのを思い出します。
直後のキックオフパーティーでお話を伺いました。
「最初は緊張しましたが、その後は冷静になれたと思います。が、試合後に監督から、緊張していたと言われましたね」と、前年より、あきらかに頼もしく、大きな声でコメントをくれるようになっていました。ブラジルへの留学で、「人前に出ても緊張せず、自分のプレーができるようになったと思う」と自己分析。とは言え、「試合前日のほうが緊張するんです。試合前に音楽を聴くと緊張するので、アップでよく動くようにしています。試合に入ってしまえば緊張しません」との一面も。
「レギュラーを勝ち取るというよりは、選手層が厚いので、まずはレギュラー争いに加わって、試合に出ることを目指します」
この年はリーグ戦に9試合出場し、1得点をあげています。183cmの長身でサイドをドリブルで駆け上がると、「ドドドドド」と地響きが聞こえてくるような迫力があり、スタジアムが盛りあがるようになった年でもありました。

2012/06/28

PICK UP 船橋のお店 ~グルメ~

  • 呑処 なべ吉

    呑処 なべ吉

    船橋市印内町564-1 第5島田ビル2階

    [ 居酒屋 ]
    15時~OPEN☆ 西船橋の居酒屋でちょい飲みするなら南口へ!

  • らーめん寺子屋 伍陣

    らーめん寺子屋 伍陣

    船橋市高根台7-15-10

    [ ラーメン屋 ]
    自家製麺と天然ダシを使い、素材にこだわった洒落たラーメン店!

  • OWL's BASE(アウルズ ベース)

    OWL's BASE(アウルズ ベース)

    船橋市西船4-20-2 ハクシュウビル2階

    [ バー ]
    一人でも、誰でも入れる隠れ家的なBAR

  • 中国料理 東魁楼本館

    中国料理 東魁楼本館

    船橋市本町4-36-17

    [ 中国料理 ]
    伝統的な料理から素材をいかした新感覚の海鮮料理まで

  • カラオケ喫茶スナック 翼

    カラオケ喫茶スナック 翼

    船橋市新高根5-4-8

    [ カラオケ喫茶・スナック ]
    高根公団のカラオケ好きの集う喫茶スナック。午前中は歌謡教室♪

  • レストラン マッセリア

    レストラン マッセリア

    船橋市前原東1-15-38

    [ イタリア料理 ]
    津田沼のレストラン 特別な日のお食事はイタリア料理をどうぞ♪

人気のキーワード