地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

船橋のプロに聞く!暮らしのお役立ち情報

履物(下駄・草履)の楽しみ方

船橋最後の“履物屋”さん、あづまや履物店の宝田さんに聞きました!

以前、浴衣の効能・選び方・楽しみ方について紹介しましたが、そうなるとどうしても気になるのが浴衣に合わせる“履物”。
“履物”って実は下駄や草履の総称なんだとか。現代ではなかなか履く機会がない履物ですが、実は意外な効用もあるそうで……?

今回は、ぜひマスターしたい履物の選び方から保管の際に気をつけたいポイントまでお教えします。
お話を伺ってきたのは、履きやすさ・歩きやすさを追求した靴の提供にこだわるあづまや履物店の宝田さんです!

1.まずは履物選びから

履物は下駄や草履の中から場面や状況に合ったものを選ぶというのが基本なんだとか。
まずはそれぞれの違いを見ていきましょう!

下駄

下駄は一般に杉や桐などの木製で、足裏に“歯”と呼ばれる突起が付いているのが大きな特徴です。
また軽やかな音がなることから、その音が邪魔にならず雰囲気にマッチする祭りや普段履きなどの場面で履かれることが多いのだとか。
和装に合わせるのが基本ですが、その昔は洋装の際に履くこともあったのだそうです。

草履

草履は革やイグサなどの素材から作られたもので、平たく薄い形が特徴です。
そのため足の裏に均等に体重がかかり、土踏まずを作ったり外反母趾予防ができたりと健康面での効果もあるのだそう。
下駄と比べると格式高い履物とされており、成人式などで履かれた方もいるのではないでしょうか?

【選ぶ基準は無い! 自由度の高さが魅力の履物】
履物は鼻緒に足を通すだけというシンプルな形であることから、どんな足でも自由に履くことができるんだとか。足の大小や厚さなどを問わず誰でも履きこなすことができるこの自由度の高さが、履物の魅力なんだと宝田さんは言います。

筆者は普段下駄や草履を履く機会がなく履物はとてもハードルが高いものなんだろうと思っていましたが、むしろハードルなんかありませんでした! もちろん、上に書いたように場面や場所に応じて選ぶ必要はありますが、そうでなければ好きなものを好きなように履いていいんだそうです。

人気のキーワード