地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

アクティブシニア介護予防補助金 平成30年度の申込受付を延長します

 アクティブシニア介護予防補助金は、地域の介護予防に資する活動を行う住民団体を支援しています。

平成30年度の申請受付を8月1日(水曜日)から10月31日(水曜日)までに延長します。

 補助対象となる介護予防活動

運動器の機能向上を目的とした、1回あたり30分以上行われる体操で、主に以下のものが対象です。

(1)健康体操(2)介護予防体操(3)ストレッチ体操(4)リズム体操(5)バランス体操(6)ヨガ(7)ピラティス(8)気功(9)太極拳(10)3Q体操(11)3B体操(12)フリフリグッパー体操(13)ふなばしシルバーリハビリ体操(14)その他、介護予防に資することが期待される体操

対象となる団体

  • 参加者の8割以上が65歳以上の市民
  • 市民10人以上で構成された団体
  • 体操を週1回以上、定期的かつ継続的に行う団体
  • 団体のメンバー以外の方の参加を受け入れることが可能な団体など

※このほかにも条件がありますので、詳細は募集要項でご確認ください。

※平成29年度および平成28年度アクティブシニア介護予防補助金活用団体の一覧は、下記「平成29年度および平成28年度アクティブシニア介護予防補助金活用団体」をクリックするとご覧になれます。
平成29年度および平成28年度アクティブシニア介護予防補助金活用団体

補助対象の経費

  • 介護予防活動を行うために使用する会場の使用料
  • 介護予防活動を行うために必要な消耗品の購入など
補助対象の経費
補助限度額 補助率上限
10万円 補助対象経費総額の80%以内

 申請の方法

 平成30年度の申請受付を延長します。8月1日(水曜日)から10月31日(水曜日)までとなります。

「船橋市アクティブシニア介護予防補助金交付申請書」を必要書類とともに、10月31日(水曜日)までに、保健所健康づくり課(〒273-8506 北本町1-16-55)へ窓口または郵送でお申し込みください。

活動完了時に必要な手続き

補助対象活動の完了後は、完了した日から20日以内、または平成31年3月29日(金曜日)までのどちらか早い日までに、下記の必要な書類を保健所健康づくり課(〒273-8506 北本町1-16-55)窓口へ提出してください。原則として窓口来所をお願いいたします。その際には事前にご連絡の上印鑑をご持参ください。

必要な書類

  1. 船橋市アクティブシニア介護予防補助金活動完了報告書(第10号様式)
  2. 収支決算(精算)書(第11号様式)
  3. 船橋市アクティブシニア介護予防補助金実施結果報告書(第12号様式)
  4. 領収書(原本)
  5. 活動の様子、成果がわかる資料(任意)

※詳しくは、募集要項をご確認ください。募集要項および第10号様式~第12号様式は、下記よりダウンロードができます。

ファイルダウンロード

人気のキーワード