地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

水分だけではちょっと足りない?!熱中症対策の漢方薬

 右島薬局のニュース

水分だけではちょっと足りない?!熱中症対策の漢方薬
ここ数年夏には、毎年多くの方が熱中症になり話題になっていますね。

今年もまた蒸し暑くなる予報が出ているのでしっかりと熱中症対策をしましょう。

特にフワッとしためまいや頭痛、だるさ等を感じたら熱中症のサインなので要注意です。

熱中症対策に水分補給はとても重要なのですが、水分の代謝が低下している方は、飲んだ水分がうまく吸収されないことがあります。

水分代謝が悪くなっているサインは舌にでます。
その特徴は、べっとりとした白い苔が舌に生えていることです。

また、汗をあまりかかないような方は、体内に熱がこもりやすく熱中症になりやすい体質と言えます。

体に熱のこもっている方は、舌に生える苔が黄色っぽいことが多いようです。

自分の舌を、鏡で確認してみましょう。

熱中症対策には、水分代謝を改善する茯苓(ぶくりょう)や沢瀉(たくしゃ)に、熱を冷ます黄連(おうれん)、黄柏(おうばく)、黄芩(おうごん)を合わせて服用すると効果的です。

この組み合わせは、熱中症の予防だけでなく治療にも有効だというデーターがあります。

熱中症のサインを見逃さず早目に対処することは大切です。
暑い日には出かける前の漢方薬で、熱中症対策をして予防しましょう。
薬局・ドラッグストア[医薬品]

右島薬局

最新のニュース一覧へ
口コミ(12件)一覧へ