地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

梨カクテルから見る地域のコラボ[船橋市バージョン]

松本卓也の「梨カクテル」への想い

松本さん単独インタビュー

どうして松本さんが梨カクテルをアレンジするのだろう?
松本さんの話を聞いていくうちに湧いた疑問。
ここでは、松本さんが梨カクテルをアレンジするきっかけ、
そして梨をつくる「船芳園」の加納さんへの想いを語っていただいた。

Who's松本卓也?

1987年9月23日生まれ。
千葉県出身のピアノ弾き語りシンガーソングライター。
4歳より父親の勧めでピアノを習いはじめる。
14歳の時に出場した音楽コンテストで審査員奨励賞を受賞、その後音楽の活動をはじめる。

16歳の時に音楽の道を歩むことを決意し、通っていた高等学校を1学年終了時に自主退学し活動を本格化させる。
その後、精力的なライブ活動と創作活動を続け、2008年には郷ひろみ氏へ楽曲「このメロディだけは…」を提供、また京葉銀行コマーシャルタイアップ曲に「きずな」を書き下ろす。
東京湾横断道路アクアライン通行料800円化イメージソング「風と海、あなたの住む街」を書き下ろし、
千葉県知事・森田健作氏とイベントを行う。
また、AKB48の2人が歌って踊るマザー牧場のコマーシャルに作曲家として参加するなど、その活動は多岐にわたる。
(引用:松本卓也公式ウェブサイト http://takuya.raincolors.jp/information.html

松本卓也と梨カクテルの出会い

クリスマスコンサートにアレンジした「梨カクテル」を出そうと決意した松本さん。<br>そんな、松本さんと梨カクテルとの出会いは何だったのだろうか。
クリスマスコンサートにアレンジした「梨カクテル」を出そうと決意した松本さん。
そんな、松本さんと梨カクテルとの出会いは何だったのだろうか。

千葉に関係しているし・・・これは面白い!って感じました。

僕のコンサートの作り方は、大枠を決めてから次はその内容を詰めていきます。
枠の中でオリジナルカクテルを出す企画があって、何を出そうか考えていました。
そんな時に参加したのが「ハチマル会」でした。

「ハチマル会」とは?
1980年代生まれの方々が集まって行なう異業種交流会とコンパの要素が合わさった会。

小松菜ハイボールを飲んでいた時に、偶然、船芳園の加納さんから「梨カクテル」の話があって。
千葉に関係しているし・・・これは面白い!って感じました。
今まで飲んだことも無かったし、最高の贈り物にぴったりだと。
だからその時思いましたね。「今日、この会に来たのは梨カクテルに出会うためだ」って。
そこから梨カクテルを僕のクリスマスコンサートで出すまでの話はすごく早かったです。

梨カクテルを飲んでみて


お客さんを含めて多くの人に知って欲しいと感じました。

飲む前は「どんなもんだろうか」ぐらいの期待値でしたね(笑)。
そして、飲んでみたときに「これはうまいじゃないか」と。
ぜひ、お客さんを含めいろんな人に飲んで欲しいと感じました。
だけど、自分で梨カクテルを作ってコンサートで提供することは音楽家としては思い付かなかったですね。
だから僕としてはお互いセンセーショナルな提案になったと思います。
まさに「お互いにとって黒船がすれ違った」ような感覚。
これは、ひとつのモデルケースになるなと将来を加納さんに感じました。

加納さんに感じるフロンティア精神

加納さんの名刺を見て衝撃を受けました。

実は、まだあまり加納さんと話したことがありません。
だけど、加納さんと話をして分かったことがひとつありました。
それは「新しいことに常にチャレンジしようとしている」ことです。
加納さんの名刺を見て衝撃を受けたことが大きいですね。
実際に見てもらえると分かりますが、農家に持っているイメージとは全く違うデザインなんです。

何か開拓していきたいフロンティア精神を感じますね。

名刺を見て、もっと自分がやっていることを伝えたいという気持ちがビリビリ伝わってきました。
加納さんと自分は違う仕事・人生だけど、何か開拓していきたいフロンティア精神を感じます。
耳で聞くだけでなく、食べて、聞いて、見て、感じて、泣いて、笑って。
それこそが僕の目指しているエンターテイメントなので、梨カクテルをうまく活かしていきたいですね。
プレゼントキーワード2つ目は、

人気のキーワード