地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

うん、15木曜日おやすみです。ご予約のお客様待ってます

 シフォンケーキの店 シュガー・ママのニュース

マンションのないトイレ。

借金国、

おまけに大地震が近い。


日本を弱るのを、じーっと静かにまっている国があるのに。わからないのかしら。


戦後、きちがいな人たちが、物質欲の魔力にとりつかれたものが、これ。


戦時中、うちの叔父は身体が弱く、教官にまわされました
毎日体罰を加える教官たち。

戦争がおわる前日

大勢の若い男性たちが、夜一軒、一軒、教官たくを訪問し、
呼び出し、夜の川にむかって、『どぼーん』

うちの叔父は。体罰をしなかったので、呼び出しはされなかったそうです。


また、うちの父が軍事工場で働いていました。
軍事工場はバスがはしっているほど。
ある日、空襲警報がなり、
『うちが危ない』と思ったとき、

上から撃ってくる。

すんごいことになり、教官の指示もまてず、
逃げました。

同僚とはしってもな飛行機がお追っかけるので、ふたてにわかれました。

川は暑いので、とにかく、逃げました。


うちの父が涙を流したのは一度だけ。
地元の出征の日、戦地に行く前、

その男性を見送っているとき、
『お父さん、お土産買ってきてね』
そう、こどもがいいました。

『あ~、たくさん買ってるよ』

そう言って見送った、とききました。

『土産なんかないだろ』
そう言って涙ながしたの、一生で一度だけ。


叔父は、中国語の大学を卒業してまもない頃、出征が決り、出征にいく前、デマをながされました。

『女の子と手をつないであるいてる』

祖父は大激怒。
一日中おじをどなりつけました。

よ~く考えてみてください。
テレビではないんですよ。

出征の日、インコが死にました。


戦争がなくなりますように。


でも、さいぎ場はありますよ。

斎場もお盆でおやすみだから、れいあんじょ、

たくさん。まってるの。
その中に私たちいました。


今日は15木曜、おやすみです。



パン・スイーツ(洋菓子)・和菓子[シフォン(プレーン・抹茶・紅茶40種類) スコーン クーヘン]

シフォンケーキの店 シュガー・ママ

最新のニュース一覧へ
口コミ(913件)一覧へ