地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

営業状況につきましては、ご利用の際に店舗・施設にお問い合わせください。

【しぞーかおでん】入れるお約束の黒はんべ(黒はんぺん)はこれ!バランスをテーマに船橋で発酵する会社ZUSHIN。発酵食品とスラックライン・バルシューレ・ローラースケート。すべての道は「転ばない国ニッポン」へ続くプロジェクト!

 株式会社 ZUSHINのニュース

【しぞーかおでん】
お約束の黒はんぺんとは これなんですよ!

仕事先の駅コンビニで偶然見つけて時間もなかったから買い求めました。
大好きなメーカー品とは違うのですがそこは止むを得ず。
 
コチラの商品は2枚ずつのパッケージ
お酒に合わせた調味、バリエーションタイプあり。
今はこんなふうな展開も販売されているのかとびっくり。
呑むお酒といっしょに好みで選んで買う人がいる!
きっと、そういうことでしょう。

静岡おでんに入れる黒はんぺんはもちろんプレーンタイプで
濃い出汁で煮られてそれは少し硬く煮締まり
その表面の凹凸がさらに際立って舌に感じられたもの。

今回パッケージのビニールパックの影響で
押されて一部ツルツルに変化していたのがとても残念でしたが
こればかりは仕方あるまい。
しかしこのことによって舌触りも
黒はんぺんの重要なポイントであったことにもまた気がついて
逆に良かったかもしれないと思えました。

ところでこの形態はどこからきたのか?
半月型で片側の縁が盛り上がっているこのカタチ。
 
小さなころには不思議でたまらなかったけれど
それははんぺんづくりで練り物を熱湯に落とす際に
使うヘラを返す仕草からできたものだと母から教わりました。
そんな必然。
確かにそれとわかるような写真が
イチ推しのメーカー、蒲菊さんのサイトに載っています。

そして「はんぺん」の語源はすり身をヘラの上で整えることから
「半片」となったそう。

ところでこちらで見る正方形な白はんぺんも
蒲菊は黒はんぺんと同じカタチをしていて
とてもユーモラスな感じです。
その分厚い白はんぺん、もちろんふわふわぁ〜です。
主な材料はサメと卵白と山芋。
黒はんぺんは青魚のイワシ他、
つみれとは違うその絶妙な味加減にずっと心を奪われ続けています。

書いているうちに郷愁の想いはつのり
ますます食べたくなってきてしまいました。

嗚呼!

黒はんぺんはフライも有名なレシピで
それについてはまた手に入った時に譲りましょ。


★イチオシのメーカー蒲菊

静岡おでんの作り方も載っています。


名称株式会社 ZUSHIN
フリガナカブシキガイシャ ズシン
住所274-0067 船橋市大穴南1丁目
電話番号070-1278-8125
電話受付時間10:00~18:00
定休日不定休
関連ページ代表山本恵子 Facebook
スラッグラインとバルシューレ関連はこちら
もっといろいろ[スクール(発酵食品講座、スラックライン、バルシューレ等)]

株式会社 ZUSHIN

イベントカレンダー
最新のニュース一覧へ
口コミ(17件)一覧へ