地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

営業状況につきましては、ご利用の際に店舗・施設にお問い合わせください。

【小松菜の日】小松菜の栄養と薬効【船橋市の鍼灸専門院 心月院】

 伝統鍼灸 心月院のニュース

5月27日は小松菜の日!
今日は小松菜の日です。小松菜の栄養と東洋医学的薬効について解説します。

小松菜には東洋医学的な作用は2つあり、1つは気を降ろし、体にこもった熱を収めるため、のぼせやすかったりイライラしやすかったりする方に適します。
また、食物繊維豊富で便通に良いですが、「気血両虚」で胃腸の弱い方や、「陽虚(冷え)」で下痢の傾向のある方には適さないので、これらの方は控えめに摂りましょう。

これらの効能は、東洋医学用語で
「清熱徐煩」(セイネツジョハン)→体内の余分な熱を収めて、イライラを解消する。
通利胃腸(ツウリイチョウ)→胃腸の働きを改善し、便通を促す。
などといいます。

要するにのぼせ上がった気を下げ、体にこもった熱を収める作用と、便通をよくする作用です。
リモートワークの方や外出出来ず熱の発散がうまくいかずにイライラしたり便秘気味になってる方も多いと思いますが、そういった方に小松菜はピッタリです。

現代医学的には小松菜のしぼり汁には発がん化学物質の抑制作用があるといわれています。他方、発がん性物質となりやすい亜硝酸塩と発がんを防止するモリブデンの両方ともが含まれているようです。
このように、同じ植物が発がん、制がんの両作用をもつことはしばしばあるそうです。

塩で炒めた食べ残しの小松菜を冷蔵庫に入れて2,3日置くと亜硝酸塩が変性して茶色に変色し、発がん物質であるニトロソアミンになる恐れがあるので、食べない方が良いでしょう。作ったらできるだけ当日に食べるようにしましょう。

参考文献:『東方栄養新書』、『世界一やさしい! 栄養素図鑑』

伝統鍼灸 心月院
千葉県船橋市印内町599-3 サンライズビル201号室 (西船橋駅から徒歩1分)
TEL.047-494-4240
お問い合わせはこちら

まいぷれ船橋さんから取材していただきました!詳しくはこちら!
https://funabashi.mypl.net/article/shingetsuin_funabashi/
名称伝統鍼灸 心月院
フリガナデントウシンキュウ シンゲツイン
住所273-0025 船橋市印内町599-3 サンライズビル2階
アクセスJR西船橋駅南口より徒歩1分
電話番号047-494-4240
営業時間
日曜日
定休日
月曜日
09:30~11:30、16:00~19:30
火曜日
09:30~11:30、16:00~19:30
水曜日
定休日
木曜日
09:30~11:30、16:00~19:30
金曜日
09:30~11:30、16:00~19:30
土曜日
09:30~11:30、14:00~16:00

初診に限り火、水、木、金の14:00~16:00で御予約可能です。

駐車場なし(近隣のコインパーキングをご利用ください)
関連ページホームページ
鍼灸コンパス(伝統鍼灸 心月院)
Twitter
こだわり
鍼灸(はり・きゅう)[鍼灸院]

伝統鍼灸 心月院

最新のニュース一覧へ
口コミ(7件)一覧へ