地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

営業状況につきましては、ご利用の際に店舗・施設にお問い合わせください。

【いちごの日】いちごの栄養と薬効【船橋市の鍼灸専門院 心月院】

 伝統鍼灸 心月院のニュース

1月15日は「いい(1)いち(1)ご(5)」いちごの日!
ビタミンCが豊富で、抵抗力を高め、美肌、風邪・老化防止に良いと言われているいちご。
今回はいちごの栄養と東洋医学的薬効について解説します。

まずは現代栄養学のお話。
いちごにはビタミンCが豊富に含まれています。
ビタミンCは壊血病の研究でレモンから発見されたビタミンで、血管と粘膜を丈夫にするために欠かせない成分であるコラーゲンの生成と維持に役立ちます。

また、近年、ビタミンCは風邪ウィルスを攻撃するインターフェロンの生成を促進したり、発ガン物質を抑制する作用が判明し、その重要性は一層高まりました。
しかし、体内に蓄積されず食後2,3時間で排泄されるので、三食しっかり摂ることが重要です。
一日の成人の必要量は100mg程度で、一時的にビタミン剤を大量に服用すると逆にバランスを崩してしまい、下痢や嘔吐を引き起こす恐れがあります。摂りすぎには注意しましょう。

次に東洋医学的効能。
清肝熱徐煩(セイカンネツジョハン)→体内にこもった余分な熱を収めてストレスを解消する。という効能があります。ですので、熱っぽい「肝陽亢盛」(いらいら、怒りっぽい、めまい、目のかすみなどなど)の方や「陰虚」(手足がほてる、咽や舌が乾燥するなどなど)の方には非常に良いです。
冷え性の方は体を冷やしてしまうので控えめに。

農薬を使わず安心して食べられ、鑑賞にも良い為、近年家庭菜園ブームになっています。
これに向くのは【宝交早生】ホウコウワセという品種で、果肉は甘味が強く軟らかく、いちごによく見られるウドンコ病にも強いです。十月に苗を定植すると翌年3~5月に開花、旬は春ですが、日向で適度な温度と肥沃な土だと一年中栽培が可能です。

参考文献:『東方栄養新書』

伝統鍼灸 心月院
千葉県船橋市印内町599-3 サンライズビル201号室 (西船橋駅から徒歩1分)
TEL.047-494-4240
お問い合わせはこちら

まいぷれ船橋さんから取材していただきました!詳しくはこちら!
https://funabashi.mypl.net/article/shingetsuin_funabashi/
名称伝統鍼灸 心月院
フリガナデントウシンキュウ シンゲツイン
住所273-0025 船橋市印内町599-3 サンライズビル2階
アクセスJR西船橋駅南口より徒歩1分
電話番号047-494-4240
営業時間
日曜日
定休日
月曜日
09:30~11:30、16:00~19:30
火曜日
09:30~11:30、16:00~19:30
水曜日
定休日
木曜日
09:30~11:30、16:00~19:30
金曜日
09:30~11:30、16:00~19:30
土曜日
09:30~11:30、14:00~16:00

初診に限り火、水、木、金の14:00~16:00で御予約可能です。

駐車場なし(近隣のコインパーキングをご利用ください)
関連ページホームページ
鍼灸コンパス(伝統鍼灸 心月院)
Twitter
こだわり
鍼灸(はり・きゅう)[鍼灸院]

伝統鍼灸 心月院

最新のニュース一覧へ
口コミ(7件)一覧へ