地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

営業状況につきましては、ご利用の際に店舗・施設にお問い合わせください。

実は怖い…子供の成長痛に潜む危険①

 RISE整骨院のニュース

景色「実は怖い…子供の成長痛に潜む危険①」

景色

こんにちは!!
「子供達の成長を応援する」RISE整骨院です☀️


今回はお子さんの「痛い」の訴えについて考えさせられる内容になると思います。長文ですが大切な内容ですので最後までお付き合い下さい。


お父さん、お母さん。仕事や子育てで忙しい日々を送られてますよね。
そんな中、お子さんの「痛い」や「疲れた」などの体調の訴えに対しておざなりに対応してしまった事が無い方はいないでしょう。
ですが、簡単に流してしまったその中に危険が潜んでいる時があるのです。


一つ以前にあった実例をお話しいたします。


『その日お母さんに「膝が痛い」と言ったのは小学校5年生の男の子でした。

普段から活発でやんちゃな子だったので、「またどこかにぶつけたのかな?」と思ったお母さんは膝に湿布を貼って経過を見ることにしました。

2、3日経つと男の子も何も言わなくなったので、やっぱり軽い打撲だったんだろうと安心していました。

そんな出来事も忘れかけた頃、男の子が「お母さん、疲れた」と何をする時も言うようになりました。

お片付けや宿題など面倒臭かったり、やりたく無いことの前にはそうゆう駄々をこねた事があったので、特に気にすることもなかったのですが、それがあまりに毎日続くため、「流石におかしいな…」と思い男の子を病院で診察してもらう事にしました。

微熱があったものの、他に体調の悪さもなかった為、お医者さんの診断は「疲労からくる風邪」と言う結果でした。

男の子は病院でもらった薬を飲んで熱は少し落ち着いて来たが、微熱は残り、身体の疲労感は日に日に増していきました。

そんな最中、「お母さん、膝もずっと痛いんだよ」と男の子が言います。

もうすっかり忘れていた、以前の出来事がお母さんの頭をよぎりました。
「嘘でしょ…?あれからずっと…?」

最初に男の子が膝の痛みを訴えてから既に半年以上が経っていました。

お母さんは男の子を連れ近所の整骨院に駆け込み、半年前から膝が痛いことを伝えると、その整骨院の院長はすぐに紹介状を書き、「これを持って今すぐ大きい病院へ行って下さい」とそれをお母さんに渡しました。

訳もわからず不安を抱えたまま病院へ行き、受付へ紹介状を渡すとすぐに外科医師が2人の元へ来て

「これから直ちに検査に入ります。が、お母さんは心の準備をしておいて下さい」

そう告げて外科医師の先生は男の子とその場を後にしましたが、告げられたお母さんは気が気ではありません。

言葉にならない不安の中で検査が終わり、その後に告知された病名が

「骨肉腫」でした。

※骨肉腫とは骨の癌と言われる病気で小学生くらいの男子に多く診られる疾患です。

男の子は症状が進み過ぎてしまっていた為、命を守るために片足を切断しなければいけない。という辛い結果を迎える事になってしまったという事です。』


という怖いお話でした。

普段の何気ない日常の中にも予期できない怖さがあるという事を知っておくだけで、これからの対応にも差が出てきます!
これを読んでいただいた後には、忙しい中でも、
いつもよりも少し、お子さんの話を真剣に聞いてあげて下さい^ ^

最後までありがとうございました‼️

このシリーズはあと何回か続きますのでそちらもぜひお読み下さい!!
名称RISE整骨院
フリガナライズセイコツイン
住所273-0035 船橋市本中山6-5-1 グリーンパレスNAKAMURA
アクセス東京メトロ東西線原木中山駅より徒歩2分
電話番号047-711-2215
営業時間9:00~12:00
15:00~21:00
定休日日曜、祝日
整骨院・接骨院[整骨院]

RISE整骨院

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。