地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

船橋今昔物語

ひろせ直船堂 大正時代に作られた看板と建物 歴史ある和菓子屋

店内には明治時代の看板や昭和の懐かしの写真も!時代を乗り越えてきた物語が詰まった店 

昭和30年代に撮影されたひろせ直船堂 提供:右島薬局

大正7年に建築された趣ある建物が特徴的な、和菓子屋「ひろせ直船堂(ちょくせんどう)」

JR船橋駅から徒歩10分ほど、本町通りの船橋市中央図書館から少し東に進むと、道の向かい側にお店があります。

創業年度は不明で、江戸時代より以前からあったという説もあるそうです。店に掲げてある看板は、建物の建て替えに合わせて大正時代に製作。一枚板で作られており、当初は金箔も貼り付けられていました。

令和2年(2020年)撮影のひろせ直船堂 現在も同じ場所で営業をしています

大正時代以前まで掲げてあった看板は、現在はお店の中で見ることができます。
当時は看板をあげるのに税金がかかった時代。看板の大きさによって税金がかかるため、看板が大きいほど”商売がうまくいっている”という証拠でした。

 

看板には英字でも店名が書かれており、ユニークなセンスを持っていたことも分かります。
HIROSE.C「」←この記号は詳細は不明ですが、「船」をあらわした記号を創作したのではないかとも想像できます。

明治時代まで使われていた看板 お店のカウンターの後ろにあります

昭和の初めには、当時では珍しい車を3台所有していました。車1台の値段は、車によっては戦闘機一機以上の値段だったとも言われる時代です。しかし戦争を経て、これらの多くは没収されてしまったそうです。

昭和10年に撮影された、ひろせ直船堂の営業車

店内には、貴重な写真や歴史を感じるものがたくさん置かれており、昔にタイムスリップしたよう。

カウンターには看板メニューのおせんべいなどが、ショーケースには季節の和菓子、くずもちやようかんなど、懐かしさも感じる美味しい和菓子が並んでいます。

 

今は11代目くらいだという店主。店主ご自身がかつてそうであったように、小学生のお子さんもここから学校に通っています。本町通りのお店の中には、同世代の若い仲間のつながりも色濃くあるといいます。親やそれよりも前の世代から続くお店を、皆で協力して守っているのですね。

 

《2021年3月現在、船橋市中央図書館において、昭和30年代の本町通りの写真を展示中です。》

ひろせ直船堂

和菓子屋

関東焼や季節の和菓子がたくさん! 創業約300年の和菓子屋さん

船橋市本町3-6-1

※取材時点の情報です。掲載している情報が変更になっている場合がありますので、詳しくは電話等で事前にご確認ください。

この記事に関するキーワード

PICK UP 船橋のお店 ~暮らし・相談~

  • 川守商店

    川守商店

    船橋市本町4-40-17

    [ ギフト・豆・砂糖 ]
    2021年3月末閉店 長年のご愛顧ありがとうございました

  • 和泉屋

    和泉屋

    船橋市本町4-37-13

    [ 提灯 仏具 ]
    盆提灯の御用命は和泉屋へ

  • 犬のお風呂屋さん・ドッグカフェ Mira(ミラ)

    犬のお風呂屋さん・ドッグカフェ Mira(ミラ)

    船橋市前貝塚町425-26 102

    [ 犬のお風呂/セルフシャンプー/ドッグカフェ/ペットホテル ]
    船橋初!? わんこのお風呂! 片付け楽々でわんちゃんごきげん♪

  • りそな銀行 北習志野支店

    りそな銀行 北習志野支店

    船橋市習志野台2-49-1

    [ 銀行 ]
    新しいクオリティへ、新しいスピードで。

  • 出張撮影 simple photo

    出張撮影 simple photo

    船橋市松が丘4-50-5

    [ 写真/出張撮影 ]
    夫婦でカメラマン! ありのままの姿を思い出に残す写真を一緒に!

  • まいぷれ船橋編集部

    まいぷれ船橋編集部

    船橋市西船4-19-3 西船成島ビル8階

    [ 地域情報サイトまいぷれ運営(インターネット広告ほか) ]
    船橋の情報を集めて、地元にお届けしています!