地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、船橋の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

船橋の地域情報サイト「まいぷれ」

船橋トピックス 身近にあるニュースを日々お届け!

ふなばしアンデルセン公園 子ども美術館で企画展「白ト黒ノ間-いろいろのいろ墨のいろ-」

船橋市内で創作活動をしている作家、荒井恵子さんの企画展「白ト黒ノ間-いろいろのいろ墨のいろ-」が、ふなばしアンデルセン公園子ども美術館で開催中です。

 

和紙と墨を用いて作られた荒井さんの作品は、「和紙の白と墨の黒、その間には無限の色が存在し、その『間』を愉しんでほしい」という思いで作られています。

墨の濃淡だけで描かれた和紙が天井から連なる様子は、展示室の漆喰壁やアーチ状の天井と相まって柔らかい印象の展示となっています。

展示室1の作品は白から黒へのグラデーション。

壁に映る影の揺らぎも綺麗です。

反対側から見ると濃い墨の黒。

子供の低い目線だと、紙が奥まで連なる様子やアーチ型の天井がより感じられます。

展示室2の様子。濃淡や模様が描かれている大小様々な大きさの和紙は、裏側から見るとまた違った表情です。

会期

 

2022年8月13日(土)~9月25日(日) 9:30~16:00 

※~8月31日の全日は9:30~17:00

入館料

 

無料

※アンデルセン公園の入場料が必要です。

会場

 

ふなばしアンデルセン公園 子ども美術館 展示室1・2

(〒274-0054 千葉県船橋市金堀町525)

 

会期中は、荒井恵子さんが講師としてオリジナル和紙作りや墨のワークショップが2日間開催されます。

(定員に達したため募集は終了)

また子ども美術館のサイトでは荒井さんのインタビュー動画も見られます。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 


『船橋トピックス』ではみなさんからの情報を募集しています。

 

船橋で撮影した風景写真や、街で見かけた開店・閉店情報など、お待ちしています!

 

情報求ム! 情報の提供をお待ちしています!

※取材時点の情報です。掲載している情報が変更になっている場合がありますので、詳しくは電話等で事前にご確認ください。

この記事に関するキーワード

PICK UP 船橋のお店 ~学ぶ・スクール~